会社情報About us

会社沿革

1970 伊藤忠商事(株)はインドネシアにおける南東スマトラ沖鉱区(SES)及び北西ジャワ沖鉱区(ONWJ)の探鉱開発の為にジャパンローサルファオイル(株)(JALOSCO)を設立。
1971 シンタ原油、アルジュナ原油生産開始。
1972(株)シーアイエネルギーカイハツ(CIECO)をインドネシア領フォーゲルコップ鉱区開発のため設立。
フォーゲルコップ鉱区カシム油田にて原油発見。
1973ワリオ(カシム)油田原油生産開始。
1977アルジュナ油田液化石油ガス船積み。
1984(株)ジャパンローサルファオイルと合併。(株)シーアイエネルギー開発と社名変更。
1987南東スマトラ沖鉱区、インタン油田にて原油発見。
1988南東スマトラ沖鉱区、ウィドゥリ油田にて原油発見。
1990インドネシア国営石油ガス会社(Pertamina)とケパラブルング鉱区における生産物分与契約締結。
19911月陸上フォーゲルコップ鉱区参加権益を買増。
19929月南東スマトラ沖鉱区参加権益を買増。
19931月ケパラブルング鉱区生産開始。
2月南東スマトラ沖鉱区参加権益を買増。
4月社名を(株)シーアイエネルギー開発から伊藤忠石油開発(株)と変更。
5月英領北海3鉱区(ハットン、北西ハットン、ハドソン)における参加権益を取得。
19953月サハリン石油ガス開発(株)(SODECO)の株式取得。
19963月アゼルバイジャン領南カスピ海(アゼリ、チラグ、グナシュリ深海部)における鉱区参加権益を取得。
7月アゼルバイジャン領南カスピ海(アゼリ、チラグ、グナシュリ深海部)における鉱区参加権益を買増。
199711月アゼリライト原油生産開始。
199812月アゼルバイジャン領南カスピ海(アタッシュキャフ、ヤナンタヴァ、ムガンデニズ)における鉱区参加権益を取得。
英領北海28/3鉱区における参加権益を取得。
20007月アルジェリア陸上オハネットガス田における鉱区参加権益を取得。
20026月アゼルバイジャン-ジョージア-トルコ原油パイプライン事業(BTC)に参加。
200310月アルジェリア・オハネットガス田ガスの生産開始。
20043月当社のエネルギー資源開発にかかる営業を会社分割により伊藤忠商事に承継。
5月豪州クリフヘッド開発、生産事業への参画。
20056月英領北海アルバ油田における生産権益を取得。
6月豪州クリフヘッド油田生産開始。
20066月BTCパイプラインによるアゼル原油の搬出開始。
20071月米国メキシコ湾テキサス州浅海における探鉱鉱区権益を取得。
3月米国メキシコ湾における生産鉱区権益を取得。
10月豪州南東部・ビクトリア州沖合のBMG生産鉱区権益を取得。
20085月デンマークフェロー自治領における探鉱鉱区権益を取得。
7月英領シェットランド島北西海域における探鉱鉱区権益を取得。
20108月アゼルバイジャンAzeri-Chirag-Gunashli(ACG)生産鉱区権益を追加取得。
10月米国ワイオミング州Niobrara地域(DJ Basin)におけるシェールオイル探鉱鉱区権益を取得。
201111月米国石油ガス開発会社Samson Investment Companyに出資。
201212月英領北海探鉱プロジェクト(Harris及びBarra discoveries)が開発移行(Western Isles Development Project, WIDP)。
20139月ロシア東シベリア、イルクーツク州に於ける石油ガス探鉱事業推進中の日本南サハ石油株式会社の株式取得し事業参画。
20144月英領北海WIDPプロジェクト生産井1号で原油のフローを確認。
201510月BTCパイプライン事業における出資を追加取得。
201612月東シベリア陸上プロジェクト、イチョディンスコエ油田が開発・生産段階へ移行。
20179月アゼルバイジャン共和国 ACG鉱区におけるPSAの延長契約(2049年まで)に調印。
20183月イラクWest Qurna 1生産鉱区権益を取得。
Back